Fujiwara Koichi
Director of Nature’s Planet Museum
Photographer and writer of wildlife


館長 : 藤原幸一
(生きもの写真家、作家) 


活動記録 


Recent News
最新ニュース
 
 


twitter has been started since Jan. 2020
twitterはじめました


●Nature's Planet Museum / Environment Issues
https://twitter.com/NATURESPLANET1?s=09

●Fujiwara Koichi:WILDLIFE NEWS
藤原幸一・いきものニュース
https://twitter.com/Fujiwara_Koichi

 
 2020・3

藤原幸一の著書「ガラパゴスに木を植える」が、学習参考書小学ウィンパスに掲載されました。
 
2020・3・1

文化放送 「浜美枝のいつかあなたと」
藤原幸一がゲスト出演し、地球のプラスチック汚染について語っています。ご興味ある方は、左の写真をクリックすると、リンク先で3月7日まで視聴できます。


PLASTIC POLLUTION IN THE WORLD

世界のプラスチック汚染

2020・1・16
 

PLASTIC WASTE FILLING THE RIVER
川を埋め尽くすプラスチックごみ


WILDLIFE SUFFERING FROM DEFORESTATION

豊かな森を追われる動物たち

2020・1・16
 

WHAT IS BEHIND AFTER THE ALAPHANT SWIMMING CROSS THE RIVER?
川渡りをするゾウの先にあるものは・・・


PLASTIC POLLUTION IN THE WORLD

世界のプラスチック汚染

2020・1・15 
revised video file/改編映像

OCEAN POLLUTION CAUSED BY TIRES
タイヤは海の毒

VIDEO! AGONIZING LIFE

うごく!やりきれない生きものたち

2020・1・14
 

THOMAS LEAF MONKEY'S NATURAL ENEMY IS THE ADULT MALE OF THE MONKEY!
トーマスコノハザルの天敵はおとなのオス!?


WILDLIFE SUFFERING FROM DEFORESTATION

豊かな森を追われる動物たち

2020・1・14 
新しいテーマ【豊かな森を追われる動物たち】を公開しました。
第一弾の動画

DESTROYING ORANGUTAN FOREST
オランウータンの森がなくなる


GLOBAL WARMING

地球温暖化

2020・1・9
 

TENS OF THOUSANDS OF KOALAS ARE KILLED BY MEGA BUSH FIRE
巨大化した山火事で数万頭のコアラが焼死



GLOBAL WARMING

地球温暖化

2020・1・8 

HUNDREDS THOUSANDS OF HARP SEAL PUPS DROWNED
何10万頭のアザラシの赤ちゃんが溺死


FEEDING OF WHALES DECREASES DRAMATICALLY DUE TO GLOBAL WARMING
温暖化でクジラのエサが激減


BOOKS AND OTHER PUBLICATIONS OF FUJIWARA KOICHI

藤原幸一の書籍

2019年11月、オランダで出版された
「PLASTIC SOUP ATLAS -VAN DE WERELD-」
その日本語版
「プラスチック・スープの地球」
が出版されました。
著者:ミヒル・ロスカム・アビング。監訳:藤原幸一






Please click this photo to start


上の写真をクリック
新企画

WILDLIFE SUFFERING FROM DEFORESTATION
豊かな森を追われる動物たち





Please click this photo to start


上の写真をクリック

GLOBAL WARMING
地球温暖化





NATURE's PLANET MUSEUM

Top Page



Special Edition: PLASTIC POLLUTION IN THE WORLD
世界のプラスチック汚染

PLASTIC PLANET●EARTH
photo and text by Fujiwara Koichi

プラスチック惑星・地球
写真と文:藤原幸一

ISBN978-4-591-16285-9
publisher: POPLAR PUBLISHING Co.,LTD.
株式会社 ポプラ社


book size 22cm×26.5cm 72pages
Published on 24 May 2019

There are huge amounts of plastic waste in the natural environment where wild monkeys thrive on.  The photographs taken by Fujiwara Koichi strongly appeal for the intense discomfort and misery.  What can we do now for the Earth, for mother nature and for ourselves?

野生ザルがおりなす自然の営みの中に、大量のプラスチックごみ。
その強烈な不快感と悲惨さを、藤原幸一の写真が強く訴えかけてきます。
私たちがいま、地球のため、母なる自然のため、そして自分たちのためにできることとは何なのでしょうか・・・


Photo Gallery 写真ギャラリー
FOREST 森
Please click this photo to start

ギャラリーを観るには写真をクリック
OCEAN 海
Please click this photo to start

ギャラリーを観るには写真をクリック





Video:PLASTIC WASTE THROUGH INTO THE RIVER
動画
川にポイ捨てされたプラスチックごみ



Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック


Large quantities of plastic waste through into the river. There is no incinerator here that can safely burn plastic. On top of that, garbage collection hasn’t caught up and so people resort to throwing out rubbish into the river.

川に大量にポイ捨てされたプラスチックごみ。ここではプラスチックを安全に燃やせる焼却炉がありません。さらに、ごみの収集が追い付かず、川へのポイ捨てが後を絶たないのです。






Video: THE MONKEY WAS NIBBLING A PET BOTTLE


動画
ペットボトルをかじるサル



Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック


What a macaque monkey is absorbed is to nibble a pet bottle.  When plastics are made, the chemical additives used can damage the health of animals and humans.

野生のカニクイザルが夢中になってかじっているのは、ペットボトル! プラスチックを作るときに添加されているいくつかの化学物質には毒性があり、健康への影響が心配されます。






Video: A COMMON WATER MONITOR LIVING IN THE PLASTIC GARBAGE RIVER

動画
『プラスチックごみの川にくらすミズオオトカゲ』


Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック


Plastic pollution is a serious problem in urban rivers in Southeast Asia. Even in these polluted rivers there was the presence of a common water monitor desperately living. 

東南アジアの都市部の河川ではプラスチック汚染が深刻な問題になっています。そんな川にも必死になって生きるミズオオトカゲの姿がありました。






Video:THE ENDANGERED THOMAS LEAF MONKEY HAS COME TO A PLASTIC DUMP SITE


動画
『プラスチックごみ捨て場にやってきた
絶滅危惧種トマスコノハザル』



Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック


Many PET bottles and plastic products are thrown away as garbage in the forest. A Thomas Leaf Monkey has come lured by the smell from the plastic. 

森にはたくさんのペットボトルやプラスチック製品がごみとなって捨てられています。プラスチックに付着した匂いにつられてトマスコノハザルがやってきました。





Video:WILD ORANGUTAN AND A PLASTIC BAG

動画

『野生のオランウータンとレジ袋』



Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック


An wild orangutan appeared from the jungle. He found a house and was approaching it. What he was interested is a plastic bag!

遠くの密林から突如現れたオランウータン。民家に近づいていき、軒先にあったレジ袋を見つけました・・・




Video:PLASTIC WASTE FILLING UP THE RIVER

動画
『川を埋め尽くすプラスチックごみ』


Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック


Humans have been throwing large amounts of plastic trash into the once clear river. The pollution from the river will soon flow down to the ocean and contaminate the ocean too. 

かつて清流だった川に、人間はプラスチックなどのごみを大量に捨てています。川の汚染はやがて、海に流れていって海洋汚染の原因となっていくのです。





Video: PLASTIC FLOATING IN THE SEA OF THE WORLD


動画
『世界の海を漂うプラスチック』



Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック



Every year more than 8 million tons of plastic are dumped into the ocean of the world.  The plastic will never rot in the sea and will not return to the nature
.

毎年800万トン以上のプラスチックが世界の海に捨てられています。プラスチックが海で腐敗して、自然にもどることはないのです。



Video: Plastic waste is sinking into the bottom of the sea

動画
『海底に沈むプラスチックごみ』


Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック





Video: Plastic destroys coral reefs

動画
『プラスチックがサンゴ礁を破壊する』


Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック



Every year, 8 million tons of plastic waste are dumped in the sea. Coral reefs are no exception. There is a lot of plastic floating within the coral. Plastic bags entangled with corals do not melt and stay there for many years. IN addition to damaging the coral, the sun does not shine through the plastic bag, causing the coral to become weak, sick and die. When the coral dies, it affects many of the creatures living within the coral reef. Many creatures lose their habitat and food and cannot survive.


毎年海には800万トンものプラスチックごみが捨てられています。サンゴ礁も例外ではありません。そこにはたくさんのプラスチックごみが漂っています。サンゴにからまったプラスチック袋は、溶けてなくなることはなく、何年もとどまり続けるのです。サンゴを傷つけるだけではなく、プラスチック袋の下は太陽の光があたらず、サンゴがじょじょに弱って病気になったり、死んだりしてしまいます。サンゴが死んでしまうと、サンゴ礁にすむ生きものの多くは、食べるものや安全な住みかを失って、生きてゆくことができなくなります。





Video: Ghost net drifting in sea

動画
『海中を漂うゆうれい網』


Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック


Most fishing nets are made of plastic. Ghost nets are nets drifting in the sea that fishermen have left behind or lost at sea. Fisherman will throw out old nets into the sea or cut off a net because it has gotten stuck on a rock in the sea. These drifting nets are a major threat to marine wildlife. Lots of fur seals, dolphins, whales, seabirds, sea turtles, fish, etc become tangled and stuck in these nets. Once, stuck, they cannot move, starve unable to catch food or drown and die.

漁で使う網はほとんどがプラスチック製です。海底の岩などに引っ掛かり、切れてそのまま残ってしまった網や、古くなり海に捨てられてしまって漂っている網の残がいを、「ゆうれい網」とよんでいます。このゆうれい網がいま、海洋動物たちに大きな脅威となっています。たくさんのオットセイやイルカ、クジラ、海鳥、ウミガメ、魚などが、ゆうれい網にからまって、身動きがとれなくなり、飢えたり溺れたりして、死をむかえています。




Video: ONE-WINGED PELICAN

動画
『片翼のペリカン』


Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック


A restaurant next to the sea is home to a Galapagos brown pelican. This pelican doesn’t have a left wing. The cause is believed to be getting tangled in nylon string or a ghost net.


海に隣接しているレストランには、一羽のガラパゴスカッショクペリカンが住み着いています。このペリカン、左の翼がちぎれてしまっているのです。原因は、海に捨てられたテグスや幽霊網に引っ掛かってしまったと考えられています。




Video: MANGROVE FOREST AFFECTED BY PLASTIC

動画
『プラスチックに侵されるマングローブ林』

(2019,10,24 新しい映像を追加しました)


Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック


From the tropical to subtropical areas around the world, mangroves live in waters where seawater and freshwater mix together. At high tide the roots, trunks, branches and leaves close to the surface of the water become flooded but as the tide lowers, the soil and mangroves appear. Here in Southeast Asia many plastic bags and plastic derived fabric was caught all over the mangrove forest like laundry being hung up. Plastic waste flows from the rives into the sea and get caught in the mangrove forest. Without decaying, the plastic stays and increases more and more each year. The plastic entangled on the mangroves damages the mangroves when pulled by the tide. In addition, they are robbing the homes of many animals that live in mangroves. In the evening, wild monkeys came to visit the mangrove forest. It was carrying a plastic bag in its mouth, maybe mistaking it for food.

世界中の熱帯から亜熱帯にかけて、海水と淡水が混ざり合う水域に分布するマングローブ。満潮の時は、根や幹、水面に近い枝葉が海水につかってしまいますが、潮がひいていくと、土壌とマングローブが地上に現れます。ここ東南アジアのマングローブ林では、根っこっや枝にたくさんのプラスチック製の布や袋が、まるで洗濯物のようにひっかかっていました。川や海から流れついたプラスチックです。マングローブ林にたどりつき、腐ることもなく何年もこのままプラスチックが増えつづけています。波の力でからまったプラスチックが動いて、マングローブを傷つけています。さらに、マングローブで生息するたくさんの動物たちのすみかを奪っているのです。夕方、マングローブ林に野生ザルたちが現れました。食べ物と間違えたのか、プラスチックを口に運んでいました。 藤原幸一




Video: A plastic forest inhabited by Calappa Crab

動画
『カニがくらすプラスチックの森』


Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック





Video: A fur seal got tangled in a fishing net

動画
『オットセイと漁網』


Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック
.


The breeding grounds for sea lion, fur seal and seal are protected worldwide, but their numbers are declining everywhere. This is because their feeding grounds overlaps with human fishing grounds. What waits the seals in their feeding grounds are fishing nets set by humans. Trying to eat fish in a fishing net gets the seals also stuck in the fishing nets. Seals stuck in fishing nets can’t free themselves and drown. These types of accidents are called “bycatch” in the fishing industry. In addition, young seals that become interested in and start playing with “ghost nets” can become entangled and drown.

アシカやオットセイ、アザラシの繁殖地は世界的に保護されていますが、どこも生息数が減ってきています。彼らのエサである魚をとる場所が、人間の漁場と重なっているからです。エサを探して海を潜るオットセイを待ち受けるのは、人間が仕掛けた漁網です。漁網につかまった魚を食べようとして、オットセイが漁網に絡まってしまうのです。そうなると、網から抜けられず、溺死してしまうオットセイがあとを絶たないのです。こういった事故を漁業では「混獲」とよんでいます。また、若いオットセイたちは海に捨てられた「ゆうれい網」に興味を抱き、網のまわりを遊んでいるうちに、絡まって溺死することも起きています。



Video: A MARINE IGUANA SWALLOWING A PLASTIC FISHING LINE

動画
『プラスチック製の釣糸を飲みこんだウミイグアナ』



Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック

The main food of a marine iguana is seaweed. In particular, sea lettuce is a marine iguana’s favourite. When people are fishing at sea, fishing hooks may get stuck on something in the sea. When that happens the fishing line will be cut and thrown into the sea. Fishing hooks and lines left behind in the sea can wrap around marine wildlife. A fishing hook stuck on a rock where sea lettuce, the iguana’s favourite is growing. A plastic fishing line was hanging from the mouth of a marine iguana returning to land. The iguana had accidentally eaten fishing hooks and lines left behind on the sea floor along with its seaweed for dinner.

ウミイグアナの主な食べものは海藻です。とくにアオサが大好物。海で釣りをする人間は、水中で釣り針が何かにひっかかり、取れなくなることがあります。そうなれば釣り糸を切って、釣り針と一緒に水中にそのまま捨ててしまっているのす。海中に置き去りにされた釣り針と釣り糸が、海底の生きものたちに巻き付いていました。ウミイグアナの大好物であるアオサが生えた岩に、釣り糸がひっかかっていました。陸に戻ったウミイグアナの口から、プラスチック製の釣り糸が垂れ下がっていました。海底に置き去りになった釣り針やプラスチック製の釣り糸を、エサである海藻と一緒に食べてしまったりしているのです。



Video: ENVIRONMENTAL POLLUTION FROM TIRES

動画
『タイヤによる環境汚染』


Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック


An old tire launched onto shore. Tires are made of synthetic rubber made from petroleum. The tires that have been launched onto shore have degraded and are starting to crumble. At first glance it might look harmless with sea lions taking a nap within the tyres, but there is invisible environmental pollution produced by tyres. Old tyres were used to make artificial reefs for marine wildlife but in 2018 French news reported that toxic substances were flowing from old tyres and polluting the sea. There were fish swimming around the tyres, but none that lived within the tyres. There are still many tyre based artificial reefs all around the world.


海岸に打ち上げられた古タイヤ。タイヤは石油から作られる合成ゴムでできています。打ち上げられたタイヤはゴムが劣化していて、細かく崩れ始めています。打ち上げられたタイヤを使って、アシカたちがお昼寝をするなど、一見平和な光景が見られますが、実はこのタイヤから、目に見えない環境汚染が進んでいるのです。ごみになった古タイヤを使って、海洋生物の棲みかとなる人工岩礁を作ったのですが、2018年、フランスのニュースで、古タイヤから有毒物質が流れ出し、海を汚染していることが分かったと報道されました。タイヤの周りを泳ぐ魚もいましたが、本当にタイヤに慣れた種はいないとのこと。このタイヤのまわりにも、魚がやってくることはありませんでした。タイヤを使った人工環礁は、世界中にまだまだたくさんあります。




Video: Wild monkeys eating plastic trash

動画
『プラスチックごみを食べる野生ザル』
 
Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック




Video: Plastic waste from the river home of the monkeys to the sea

動画
『プラスチックごみがサルが暮らす川から海へ』

 
Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック





Video: A mountain of plastic waste created one after another

動画
『次々と作られていくプラスチックごみの山』



Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック






Video: Wild elephants eat plastic garbage illegally dumped by people

動画
『人間が捨てたプラスチックごみを食べるゾウ』



Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック

The place where the elephants arrived is a garbage dump. Lured in by the smell of rotten food, the elephant eats a plastic bag containing artificial sweeteners, food colouring, preservatives, broken glass and metal, and filthy diapers…

地球温暖化の影響で干ばつが続き、森がやせ、ゾウたちがくらす国立公園の植物は、ほとんどゾウに食べつくされてしまいました。お腹を空かせたゾウはついに国立公園の柵を越えて、人間がくらす場所へやってきました。この地域の森にはまだ植物が残っています。さらに、ゾウは人間にとって神聖な生きものとしてあがめられ、道端でであったゾウに、人間はお菓子や果物をお供え物として、あたえていきます。人間の食べ物の匂いにさそわれて、ゾウたちがたどり着いたところは、人間が森を切り開いて造ったごみ捨て場。人間の食べ物の味を覚えてしまったゾウは、人工の甘い味や、おいしそうな色に見せるための色素、腐らないようにする薬品などを使った食べ物を食べてしまいます。さらに、割れたガラスやするどいナイフ、針金、人間の病気やけがを治す薬や、赤ちゃんや病人のうんちやおしっこが付いたおむつなどが入ったプラスチック袋を、まるごとを食べてしまっているのです。


 

Hungry Elephant's Poo
photo and text by Fujiwara Koichi

はらぺこゾウのうんち

写真と文:藤原幸一

ISBN978-4-03-332780-8
publisher: KAISEISHA PUBLISHING Co.,LTD.
株式会社 偕成社

We have updated the introduction section of the book
本の紹介ページ、更新しました


Photo Gallery 写真ギャラリー
http://www.natures-planet.com/shop/book/zounounchi.html




Video: WILD EURASIAN COOT MAKING A NEST WITH STRAWS
-RISE OF PLANTIC HAS CHANGED THE LIFE OF WILD ANIMALS@-


動画
『ストローで巣作りする野鳥のオオバン』

―プラスチックの出現によって生き方を変えてしまった野生@―


Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック

Wild coot breeding on canals and rivers in Europe. The materials used for the nest are lotus and floating plants that grow in the river. The parent bird feeds plant food to the chicks every day. However, recently the only thing the parent birds find in the riverbed is plastic. They should mainly collect plant stems as nest materials, but straws are now replacing plants. They also give the chicks shards of plastic mistaken for food.

ヨーロッパの運河や川で繁殖する野鳥オオバン。巣の材料に使っているのは、川に生育している蓮や浮草などの植物です。親鳥は植物の破片を、毎日せっせとエサとしてヒナたちに口うつしで食べさせています。しかし最近は、親鳥が川底に潜って見つけてくるものは、プラスチックばかり。巣の材料として、植物の茎を主に集めてくるはずが、今ではストローが植物のかわりになってしまっています。また、プラスチックの破片を食べ物と間違えて、ヒナに与えているのです。 藤原幸一


Video: A male of Satin Bowerbird collects only blue plastic to make a specialized stick structures, called bowers which attract females.
-RISE OF PLANTIC HAS CHANGED THE LIFE OF WILD ANIMALSA-

動画
プラスチックとくらすアオアズマヤドリ』
―プラスチックの出現によって生き方を変えてしまった野生A―


Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック


Video: Endemic wild birds gather at a plastic waste dump site on an Island
-RISE OF PLANTIC HAS CHANGED THE LIFE OF WILD ANIMALSB-

動画
『島固有の野鳥たちが集う
プラスチックごみ捨て場』

―プラスチックの出現によって生き方を変えてしまった野生B―


Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック



Video: Plastic trash littering beside the road 1

動画
『道端にポイ捨てされるプラスチックごみ1』


Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック

Since it is no longer possible to export plastic waste to China 2 years ago. Plastic trash disposal cannot catch up in Japan now. The video here may suggest the near future of Japan.


日本のプラスチックごみは2年前に中国に輸出ができなくなってしまいました。それ以降日本国内でごみ処理が追い付かなくなり、行き場を失っています。ここでの映像は、日本の近未来を暗示しているのかもしれません。


Video: Plastic trash littering beside the road 2

動画
『道端にポイ捨てされるプラスチックごみ2』



Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック

Since it is no longer possible to export plastic waste to China 2 years ago. Plastic trash disposal cannot catch up in Japan now. The video here may suggest the near future of Japan.


日本のプラスチックごみは2年前に中国に輸出ができなくなってしまいました。それ以降日本国内でごみ処理が追い付かなくなり、行き場を失っています。ここでの映像は、日本の近未来を暗示しているのかもしれません。


Video: PLASTIC BANANA PLANTATION

動画
『プラスチック バナナ・プランテーション』


Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック

Banana plantation in Southeast Asia. On the ground is illegally discarded plastic garbage scattered all over. Plastics contain poisonous chemicals that can lead to soil contamination. Bananas made on this plantation are also sold in the market.

東南アジアにあるバナナ・プランテーション。 地面には、違法に捨てられたプラスチックごみが散乱していました。プラスチックには毒となる化学物質がふくまれているため、土壌汚染が進んでしまいます。このプランテーションに作られたバナナも、市場で売られているのです。


Video: DEER DIES EATING PLANTIC BAGS

動画
『鹿がレジ袋を食べて死んでしまう』



Please click photo to start video.
動画を観るには写真をクリック

Many tourists come to Nara Park. Deer approaching a tourist with a plastic bag. Lured by the smell from the plastic bag it eats the bag. Such accidents are increasing. 4.3kg of plastic lumps were found in on deer’s stomach.


多くの観光客が奈良公園やってきます。観光客のレジ袋に近づいてきたシカ。匂いに誘われレジ袋を口の中に。こういった事故が増えています。シカのお腹から4.3kgものプラスチックの塊が・・・




プラスチック・スープの地球
著:ミヒル・ロスカム・アビング  監訳:藤原幸一
2019年11月出版

ISBN978-4-591-16375-7
publisher: POPLAR PUBLISHING Co.,LTD.
株式会社 ポプラ社
 
book size 21.5cm×28.5cm 136pages
Published on Nov 2019



At a book shop in Amsterdam, Netherlands
オランダ、アムステルダムの書店にて


Dr. Michiel Rascal Abbing, the author of ‘Plastic Soup of Atlas the World’ and Fujiwara Koichi.
作家ミヒル・ロスカム・アビング氏との対談

《Dialogue》

April 2019 in Amsterdam, Netherlands.  Fujiwara Koichi and Dr. Michiel Roscam Abbing made discussion about this book. They discussed about the current circumstances of plastic pollution, European efforts to eliminate disposable plastic and the passion, and episodes about his book production.  This dialogue is reported at the end of the Japan edition published on November 2019 in Japan.

《対談》

2019年4月、藤原幸一が『PLASTIC SOUP ATLAS -VAN DE WERELD-』の著者、ミヒル・ロスカム・アビング氏と、オランダのアムステルダムで対談しました。世界中のプラスチック汚染の現状や、使い捨てプラスチック廃絶に向けたヨーロッパの取り組み、書籍制作でのエピソードや熱意などを、熱く語り合いました。
この模様は、『プラスチック・スープの地球』11章にてご覧いただけます。






To eliminate plastic pollution
プラスチック汚染をなくすために

Please click this photo to start


上の写真をクリック





Please click this penguin to start


上のペンギンをクリック
VIDEO!
AGONIZING LIFE


うごく!
やりきれない生きものたち
ー愛おしく、ほっこりな生きものたちが動きだすー



Please click this photo to start


上の写真をクリック

SPECIAL EDITION: THE TRADITION OF MEDICINAL PLANTS IN THE WORLD

世界の薬草文化 




Please click this photo to start


上の写真をクリック

SPECIAL EDITION:FLOWER FIELD IN THE WORLD

世界の花園特集




Please click this photo to start


上の写真をクリック
BOOKS AND OTHER PUBLICATIONS OF
FUJIWARA KOICHI

藤原幸一の書籍
 





このホームページの記事、及び写真の掲載等をご希望の方は
下記へお問い合わせください。

Mail : info@natures-planet.com
Tel : 03-5485-1551




本サイトに掲載されている画像、文章等、
全ての内容の無断転載、引用を禁止します


Copyright(c) Koichi Fujiwara All Rights Reserved


アクセスカウンター