ガラパゴスがこわれる
Galapagos A paradise threatened
株式会社ポプラ社出版
  藤原幸一 著

裏表紙 表紙
a
世界遺産の島が、泣いている。

<進化>をはぐくんだ島、赤道直下のガラパゴス諸島。
    その海、その森が、そこにすむ生きものたちが今、
    危機に直面させられている。
    わたしたち、人間の手によって―――。

『南極がこわれる』に続けて問う、
環境問題解決のための、心からのメッセージ。
a
人間の出したゴミがガラパゴスの海を汚し、人間の持ち込んだ植物がガラパゴスの森を壊し、人間の文明が引き起こした地球温暖化が、ガラパゴスの生きものたちのリズムを乱す―――、

人間がいなくなれば、環境はよくなるのだろうか?
―――そんなことはない。人間がこわしたものは、人間が元に戻す。
それしかないのだ。



この内容に関する記事、及び写真・映像の掲載等をご希望の方は
下記へお問い合わせください。

Mail : info@natures-planet.com
Tel : 03-5485-1551




Copyright(c) FUJIWARA Koichi All Rights Reserved