Plastic Planet●EARTH
photo and text by Fujiwara Koichi
ISBN978-4-591-16285-9
publisher: POPLAR PUBLISHING Co.,LTD.


プラスチック惑星・地球
 藤原幸一 著
ポプラ社

表紙 裏表紙
a
There are huge amount of plastic wastes in the natural environment where wild monkeys thrive on.  The photographs taken by Fujiwara Koichi strongly appeal for the intense discomfort and misery.  What can we do now for the Earth, for mother nature and for ourselves?

野生ザルがおりなす自然の営みの中に、大量のプラスチックごみ。
その強烈な不快感と悲惨さを、藤原幸一の写真が強く訴えかけてきます。
私たちがいま、地球のため、母なる自然のため、そして自分たちのためにできることとは何なのでしょうか・・・

  FOREST 森


Morning sun arrived at the forest.
It is time to drink water in the morning. The monkeys here don't like to drink dirty water at all. Early in the morning, the monkeys drink the dew drops on the grass which are the cleanest and the most delicious for them.


森に朝がやってきました。
朝は水を飲む時間です。ここのサルたちは、にごって汚い水をけっして口にしません。朝早く、草にくっつく水玉の露が、いちばんきれいでおいしいのです。




A monkey is climbing a giant tree, and then he jumped from tree to tree!

大きな木をするするとのぼり、木から木へジャンプ!




A baby monkey with one month old that is embraced by mother.

お母さんに抱かれている、うまれて1カ月ほどの赤ちゃんザル。




Baby monkeys are stunned by insects, try to bite the grass, put anything that appears in front of them in the mouth and play.

子どもたちは虫におどろいたり、草をかじってみたり、目の前にあらわれたものを何でも口に入れて遊びます。




The juice of this leaf is delicious.

この葉っぱの汁はおいしいよ。




A monkey started eating something mysterious. It was a plastic string made by humans.

1頭のサルがふしぎなものを食べはじめました。それは、人間がつくったプラスチックのひもでした。




A monkey came in with a strong smell coming out of the waste dumping site. Some monkeys have begun to eat plastic garbage.

ごみから出る強いにおいにつられて、サルたちがやってきた。中には、プラスチックごみを食べはじめたサルも。


 
 
 


In the forest, a lot of plastic garbage were illegally dumped which building up plastic mountains. There are countless plastic bottles, bags, cups, cords, and so on.

森の中に、大量のプラスチックごみが違法に捨てられ、プラスチックの山を築き上げていた。数えきれないほどのペットボトルやレジ袋、カップ、ひもなど、どれもプラスチックばかりだ。



The mother and baby monkey were curious about the plastic mountain and nervously approach the pile of plastic.

お母さんと赤ちゃんも、プラスチックの山が気になって、おそるおそる近づいてみた。


Suddenly, a truck full of plastic waste arrived.
"Beep beep beeep screech!”
The truck, making loud scary sounds is throwing plastic waste.
With a loud rumble, plastic waste from the back of the truck started falling out.

突然、人間の運転するトラックがやってきた。
「どどどどど……」
地響きのような大きな音とともに、トラックの荷台からたくさんのごみが捨てられている。


Like the forest, there are a lot of plastic wastes on the riverbank. Wastes dumped in the forest are blown away by the wind and washed away by the rain.

森と同じように、川岸にもたくさんのプラスチックごみが。森に捨てられたごみが、風に飛ばされたり、雨に流されたりしてたまったものだ。


 
 


The sea is connected to the river flowing through the forest.
Like the forest, there are a lot of plastic wastes on the riverbank.


海は、森を流れる川につながっています。森と同じように、川岸にもたくさんのプラスチックごみが溜まっています。




 

Mountains of unsorted garbage are dumped in the forests. A Darwin finch comes to feed on leftovers thrown out by humans.A huge amount of plastic waste is being dumped together.

南米ガラパゴス諸島にある、分別されずに、ただ森の中に捨てられているゴミの山。人間がすてた残飯を食べにやってきたダーウィンフィンチ。膨大なプラスチックゴミも一緒に捨てられている。




Insects gather in plastic dumps all over the world and are looking for food and living space instead of their original environment.

世界中で、プラスチックのごみ捨て場に昆虫が集まり、本来の生息域と違う棲みかと食べものを探している。




Wild birds making their nest with plastic straws

ストローで巣作りする野鳥




American black bear living in the Canadian Arctic also love dumping places. Some of the things that humans have thrown away are sugar that is not naturally sweetened and those that have been artificially seasoned, attracting bears.

カナダ北極地域に暮らすアメリカグマも、ごみ捨て場が大好きだ。人間が捨てたものには、自然にない甘さの砂糖や、人工の味付けをされたものがあり、クマをひきつけている。





The sea is connected to the river flowing through the forest.
Like the forest, there are a lot of plastic wastes on the riverbank.


東南アジアに生息するマレーグ。ここでも野生のマレーグマがプラスチックボトルをかじっている。




Males of the Satin bowerbird have the habit of decorating the surrounding area with blue ones, making a toya combining twigs and the like. It was originally decorated with petals, bird feathers, and plant fruits, but now it is full of plastic.

アオアズマヤドリのオスは、小枝などを組み合わせた東屋を作り、周囲を青いもので飾る習性がある。本来は花びらや鳥の羽、植物の実などで飾っていたが、今ではプラスチックだらけだ。



Satin bowerbird fly to the human housing area and pick up blue straws and clothespins.

人間の住宅地まで飛んでいき、ブルーのストローや洗濯ばさみなどを失敬してくる。



A stray dog roaming on a banana plantation full of plastic waste.

プラスチックごみであふれたバナナプランテーションをねぐらにしている、野良犬。



A pile of plastic waste dumped illegally on banana plantation. The bananas grown here are shipped to the market.

バナナプランテーションに違法に捨てられたプラスチックごみの山。ここで育てられたバナナが市場に出荷されている。



Even in Japan, I discovered that Japanese monkeys were eating plastic bags.

日本でも、ニホンザルがプラスチック袋を食べている姿を発見しました。


Photo Gallery 写真ギャラリー
OCEAN 海
Please click this photo to start

ギャラリーを観るには写真をクリック

Video 動画 
Please click this photo to start a footage video.


  
Wild birds making their nest with plastic straws

ストローで巣作りする野鳥

―プラスチックの出現によって
生き方を変えてしまった野生@―
Wild elephants eat plastic garbage illegally dumped by people

人間が捨てたプラスチックごみを食べる野生ゾウ
Plastic banana plantation

プラスチック バナナ・プランテーション
A male of Satin Bowerbird collect only blue plastic to make a specialized stick structures, called bowers which attract females.

メスを誘惑するために、青いプラスチックを集めて東屋を作るオス鳥

―プラスチックの出現によって
生き方を変えてしまった野生A―


  
Endemic wild birds gather at a plastic waste dump site on an Island

島固有の野鳥たちが集う
プラスチックごみ捨て場

―プラスチックの出現によって
生き方を変えてしまった野生B―
Wild monkeys eat plastic trash

プラスチックごみを食べる野生ザル
Plastic trash littering beside the road

道端にポイ捨てされるプラスチックごみ
 
     


  
Plastic waste is sinking into the bottom of the sea

海底に沈むプラスチックごみ
A Fur Seal with Ghost Net

オットセイと幽霊網
 
Plastic waste floating in the sea
― Every year 800 million tons of plastic waste are abandoned into the sea of the world.―


海を漂うプラスチックごみ
―毎年800万トンのプラスチックが海に捨てられている―  
A plastic forest inhabited by a calappa crab

カニがくらすプラスチックの森
 


  
A marine iguana has swallowed a fishing hook

釣り針を飲み込んでしまったウミイグアナ
     
     




この内容に関する記事、及び写真・映像の掲載等をご希望の方は
下記へお問い合わせください。

Mail : info@natures-planet.com
Tel : 03-5485-1551




Copyright(c) FUJIWARA Koichi All Rights Reserved