薬草・写真ギャラリー
a

 

和名 :  カモミール、カミツレ
学名 Matricaria chamomilla
原産地 ヨーロッパからアジア西部
ヨーロッパの代表的な民間薬で、消炎作用があります。また、発汗薬として風邪などで使われます。健康茶のハーブティーとしても飲まれています。

 

和名 :  シラン
学名 Bletilla striata
原産地 日本(本州中南部以南)、中国、台湾
偽球茎は生薬名で白及(ビャッキュウ)とよばれ、漢方薬として、止血や排膿、痛み止めや慢性胃炎に使われています。

  
 

和名 :  ロサ・カニナ (別名:ドッグローズ)
学名 Rasa canina
原産地 ヨーロッパ
果実を使ったハーブティー(ローズヒップティー)が有名です。ビタミンCなどの栄養素が豊富に含まれ、抗菌、抗ウイルス作用もあるため、風邪の予防として飲まれています。その他、利尿作用もあります。

  

和名 :  トクサ
学名 Equisetum hyemale
原産地 北半球の亜寒帯南部から温帯北部にかけて、広範囲で自生している
煎じ汁は下痢止めや風邪の解熱に使われています。

   
     
 
 

和名 :  シロバナムシヨケギク、白花虫除菊
学名 Chrysanthemum cinerariaefolium
原産地 地中海沿岸
薬効としては、蚊取り線香などの殺虫効果があります。日本に渡ってきたのは1886年(明治19年)。

  
   
   
   
   
   



この内容に関する記事、及び写真・映像の掲載等をご希望の方は
下記へお問い合わせください。

Mail : info@natures-planet.com
Tel : 03-5485-1551




Copyright(c) FUJIWARA Koichi All Rights Reserved