推薦図書

【海外の本】
「Penguin Pete」
 by Marcus Pfister

サイズ(縦x横) :16 x 15.5(p)
ページ数 :14ページ
発行 :North-South Books, Inc.

Penguin Pete

独特のぼかしを利かせた色使いで、ペンギンのかわいらしさを表現している絵本です。
ページ数は14ページと少ないですが、ボール紙で作られているため、1ページがとてもしっかりした仕上がりとなっています。



「PENGUIN」
 by Pauline Reilly
 illustrated by Will Rolland

サイズ(縦x横) :14.5 x 21(p)
ページ数 :32ページ
発行 :KANGAROO PRESS

PENGUIN

パステル調の色使いが特徴です。
ペンギン16種類が整列しているイラストがあり、各種大きさの比較が出来ます。
コガタペンギンが海で魚を採ったり、子育てをしている様子を分かりやすく表現しています。



「Emperors of the Ice
 〜The Emperor Penguins of Antarctica」

 Written and Photographed by Kim Westerskov

サイズ(縦x横) :28 x 21(p)
ページ数 :42ページ
定価 :$17.95
発行 :Omnibus Books

Emperors of the Ice

南極に棲むエンペラーペンギンの生態などを、写真とともに掲載しています。
密集してブリザードに耐えているエンペラーペンギンの様子は、写真だけでなく絵も使って説明しているのでとても分かりやすいです。



【絵本】


「夢の国のちびっこバク」
 高円宮妃久子殿下/作
 ブライアン・ワイルドスミス/画

サイズ(縦x横) :31.5 x 25(p)
ページ数 :25ページ
定価 :¥2,000 (本体¥1,942)
発行 :(株)学習研究社

夢の国のちびっこバク

バクは人間の見るいやーな、こわーい夢をパックリ食べてくれるのです。
このおはなしは夢の国にすむちびっこバクのバックンと、日本の女の子ゆりちゃんのおはなしです。
ある夜バックンは夢の世界からゆりちゃんのへやの中にでてきてしまいました。
ゆりちゃんとバックンはおともだちになったのですが・・・
さてバックンはまた夢の世界へもどれるのでしょうか?



「おぎょうぎのよいペンギンくん」

 H.A.レイ/絵 マーガレット・ワイズ・ブラウン/作 
 ふくもとゆみこ/訳

サイズ(縦x横) :27 x 23.5(p)
ページ数 :34ページ
定価 :¥1,300 +消費税
発行 :偕成社

おぎょうぎのよいペンギンくん

「南極からきたちいさいペンギンくんは、
 スープもパンもゆかにポイッ。
 南極では、マナーなんて、おそわらなかったのです。
 びっくりしたアライグマは、
 ペンギンくんに おぎょうぎをおしえるために、
 世の中へつれだします。
 さて、ほんとうにおぎょうぎのよい
 ペンギンくんになれるのでしょうか?」



「ちきゅうのペンギン」

 なかざわそうた(中沢 壮太)

サイズ(縦x横) :18.5 x 18.5(p)
ページ数 :40ページ
定価 :¥1,000 +消費税
発行 :さいたまマイブックサービス

ちきゅうのペンギン 

「海をよごしたり、森をへらしたりするニンゲン、
 そして、ぼくたちをまもったり、たすけたりするニンゲン・・・
 こわいニンゲン、やさしいニンゲン・・・
 いろんなニンゲンがいるんだね。」




「あるペンギンとある男のお話」

 たかは さち/作

サイズ(縦x横) :12 x 14(p)
ページ数 :55ページ
発行 :トムズボックス

あるペンギンとある男のお話

すべて絵で「あるペンギンとある男のお話」が描かれていて、とてもかわいらしい絵本です。



【写真集】

「ペンギンズ・イン・ザ・ワイルド」

 鎌倉 文也/写真・文

サイズ(縦x横) :25 x 25(p)
ページ数 :130ページ
定価 :¥3,862 (本体¥3,750・消費税¥112)
発行 ピングイノ

PENGUINS IN THE WILD

「・・・会えば会うほど新鮮な驚きや笑いを提供してくれる魅力溢れるペンギンたちに出会うために、私の旅はまだまだ続きます。」